カルシウム利用を阻害するもの(栄養素編)

地球上にあまた存在する物質の中で、人間の体を作り、動かし、機能を維持する極めて重要な役割を担う物質が栄養素なわけですが、そんな栄養素も必要以上に摂取すると、必ず何らかの弊害が起きます。以前このブログでも、ビタミンEの過剰摂取が骨粗しょう症を招くということに触れましたが、今回は過剰に摂取すると、体内のカルシウム利用を妨げる栄養素についてまとめてみたいと思います。

リン


リンはカルシウムに次いで体内に多く存在する無機質(ミネラル)で、体重の約1%を占めています。そのうち約85%は、リン酸カルシウムとして骨を形成しています。残りの15%は体のあらゆる細胞と細胞外液に含まれていて、核酸の構成元素として生命の根本的な部分に関わったり、酵素やATPの構成元素としてエネルギー代謝に関与したり、リン脂質は細胞膜を構成したりと、リンは体内でとても重要なはたらきをしています。
 よってリンは、あらゆる生物の細胞に存在していて、つまり言い換えるとあらゆる食品に含まれているということなので、普通の食事をしていれば不足する心配のない栄養素であるといえます。特にリンを多く含む食品としては、イワシ(シラス干しや煮干し)や魚卵などの魚介類,乳製品,卵,肉類,大豆製品などが挙げられますが、注意が必要なのは加工食品です。ハムやソーセージなどの獣肉加工品やかまぼこなどの魚肉練り製品,麺類などには結着剤として正リン酸塩(リン酸ナトリウムなど)や重合リン酸塩(ポリリン酸ナトリウムなど)が使用されていますが、こうした加工食品を頻繁に食べることによって、リンを過剰に摂取してしまうことが懸念されます。
 リンの過剰摂取によって血液中のリンが増加すると、骨のカルシウムが血液中に遊離してバランスを保とうとする作用が働きます。血液中ではリンとカルシウムは結合してリン酸カルシウムになるので、骨から遊離したカルシウムが使われてしまいます。すると結果的にカルシウム不足の状態になり、副甲状腺ホルモン(PTH)が分泌されて再度骨からカルシウムを遊離して血清カルシウム濃度を維持しようとします。よって、リンの摂りすぎは骨からカルシウムを遊離させて、骨を弱くしてしまうことにつながります。さらに、血液中で作られたリン酸カルシウムは、組織に沈着するため、血管をはじめ腎臓や肺などの臓器にダメージを与えるおそれもあります。
 リンは、基本的には骨に必要な栄養素ですが、カルシウムとのバランスが大切で、カルシウムとリンのバランスは1:1が最適といわれています。日本人の食生活の傾向からすると、カルシウムは不足しがちでリンは過剰になりやすいということを念頭に、日頃の食品選びをするとよいでしょう。先にリンを多く含む食品をいくつか列記しましたが、イワシ類や乳製品,大豆製品ともにカルシウムも含んでいますので、避ける必要はありません。自然の食材の優れたところですね。加工食品の利用や外食・中食の頻度を抑え、自然の食材にひと手間かけて食べるという心がけが大切です


たんぱく質


たんぱく質も基本的に骨に必要な栄養素ですが、摂り過ぎると腎臓でのカルシウム排泄を進ませてしまいます。近年ではたんぱく質も過剰に摂取する傾向があるので、気をつけたいですね


塩分


塩分の過剰摂取もカルシウムの排泄を進ませてしまうので、注意が必要です。塩分は高血圧などの生活習慣病の危険因子として知られていますが、骨を守るという観点からも摂りすぎに気をつけましょう。